日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン 送料無料を標準化 ~キャンペーン好評の結果を踏まえ

キャンペーンの結果、顧客単価は見込みよりも低下しなかった
ジャスパー・チャン社長

アマゾンジャパン(本社東京)は11月1日、購入金額にかかわらず送料を無料にすると発表した。今年1月からキャンペーンとして送料を無料にしていたが、標準サービスとしていく。キャンペーンの結果、顧客単価は見込みよりも低下しなかったため、送料無料に踏み切る。「お急ぎ便」など特殊な配送には従来どおりの送料がかかる。

配送無料は従来、合計購入金額が1500円以上に適用していた(1500円未満は全国一律300円)。昨年9月から書籍、CD、DVDなどに限定して購入金額にかかわらず送料無料にするキャンペーンを開始し、今年1月からはすべての商品に対象を広げていた。

同日、アマゾンジャパンは日本で事業を開始して10周年を迎えたのを機に、今回の新サービスを導入することにした。ジャスパー・チャン社長は「この10年は土台固めにあたる。これからさらに飛躍していきたい。地球上でお客さまを最も笑顔にさせる企業になるというミッションを達成すべく、これからも日々がんばっていきたい」とあいさつした。

・全品無料配送 完全サービス化
http://www.amazon.co.jp/b?node=1085218

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]