日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ECスタジオ EC事業者向けにバーチャルオフィス提供

法人登記や、月間で最大8時間会議室を利用できるサービスもある

IT経営支援のECスタジオ(本社大阪府吹田市)は9月29日、EC事業者向けに、東京・銀座などの住所を取得できる「バーチャルオフィス」の提供を開始した。

サイトの信用度を高めるために、都心の住所を掲載したいEC事業者や、本社が地方都市にある中小企業に提案していく。費用は月額4200円から。30日間の全額保証付きとなっている。

銀座のほか、青山、大阪・梅田に取得できる。料金には、住所の取得のほか、郵便物受取・転送や電話番号の付与などが含まれている。法人登記や、月間で最大8時間会議室を利用できるサービスもある。常駐スタッフが来客にも対応する。

・バーチャルオフィス
http://www.ec-v-office.jp/

・株式会社 EC studio
http://www.ecstudio.jp/

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]