初代編集長ブログ―安田英久

FacebookもGoogleも「短時間の広告表示はインプレッションとみなさず」

FacebookもGoogleも、短い広告表示をインプレッションとみなさない方向に進んでいます。
Web担のなかの人

今日は、広告の「インプレッション」について。FacebookもGoogleも、短い広告表示をインプレッションとみなさない方向に進んでいます。

日本でも「いいね」ボタンなど盛り上がりつつあるFacebook(フェイスブック)ですが、9月11日に次のようなアナウンスを出しました。

Facebookユーザーはかなりアクティブにサイトを利用するので、ときとして短時間に多くのページを行き来します。ということは、その際に広告がほんの少ししか表示されていない状況があります。

広告主がFacebookに広告を出稿することから得られる価値をさらに改善するために、「広告が表示された」とみなす時間(最低表示時間)を増やします。これにより、各インプレッションの価値が全体として上がり、広告のクリック率が増加したように見える広告主が多くなることでしょう。

わかりやすく言うと、「短時間だけしか表示されなかった広告に対してお金を請求しませんよ」ということ。Facebook上の広告管理システムでも、「ショートインプレッション(短時間表示された広告)」は自動的に排除されるとのこと(最低表示時間は随時見直すようで、具体的に何秒という定義は発見できませんでした)。

同様の動きはGoogleでもあります。先日Googleインスタント検索を(英語圏向けを中心に)リリースしたGoogleですが、このインスタント検索でも同様に、広告インプレッションの定義をし直しています。

Googleインスタント検索は、キーワードを入力している途中に、どんな検索キーワードが入力されるのかをGoogleが予測して、キーワードが入力される前に検索結果をどんどん更新していくというもの。つまり、Facebookのアクティブなユーザーが頻繁にページ移動を繰り返しているのと同様の動作になります。

Googleは、Googleインスタント検索が導入された検索結果画面におけるリスティング広告のインプレッション条件として、以下の3つを定義しました。

  1. 検索クエリが確定したとき(Enter キーを押す、[検索] ボタンをクリックするなど)
  2. 検索結果ページのリンクがクリックされたとき
  3. 検索クエリの入力が 3 秒以上なかったとき

日本でも、一時期はインプレッション数が余って仕方がないポータルサイトやSNSが、広告の価格を下げるという動きをしていた時期がありました。

それから時代は変わり、広告主にとって良い成果を出すために、広告プラットフォーム側が(短期的には)身を削る動きになってきています。もちろん、短時間表示の広告をインプレッションしたとみなさないことは短期的には広告プラットフォーム側が損をする動きなのですが、中長期的には広告主に対して良い価値を提供し、信頼できるプラットフォームになるというメリットがあるはずですね。

やっぱりFacebookはすごいな、と。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]