初代編集長ブログ―安田英久

日本の大手ウェブサイト制作会社

Web担のなかの人

突然ですが、ウェブサイト制作会社で大手はどこかと聞かれたら、あなたはどこを思い浮かべますか? 私のイメージでは、日本のPC向け総合ウェブサイト制作会社の大手というと、順不同で「キノトロープ」「ビジネスアーキテクツ」「ネットイヤーグループ」「IMJ」といったところでしょうか。

「メンバーズ」「ミツエーリンクス」「コスモインタラクティブ」あたりも元気ですね。もちろん、SEMに強いところ、ECに強いところ、広告に強いところ、動画に強いところ、モバイルに強いところ、コミュニティに強いところ、クリエイティブに強いところなど、特定の分野に強みをもっている制作会社さんも多いので、単に「大手」という評価をするのも微妙ではありますが。

なぜ唐突に大手ウェブサイト制作会社の話かというと、最近いろいろと動きがあったからなんです。

キノトロープは、伝説の男でもあった生田氏が会長になり、これまで子会社のスリーイントを率いていた門別氏が社長となってキノトロープを持ち株会社化し、新しい時代に入りました。

ビジネスアーキテクツ(bA)は、最近、とあるウェブサイトのアワードを選出する審査をしていたところ、bAが手がけたサイトが軒並み隙のないすばらしい作りだったため、あらためてすごいな、と感心しました。

ネットイヤーグループは3月6日にマザーズに上場しましたね。スタッフが「情報アーキテクト」の肩書きをもっていたり、昔からSIPSを標榜していたり、真面目な会社です。

……落ちのない業界話ですね。

この記事は、メールマガジン「Web担ウィークリー」やINTERNET Watchの「週刊 Web担当者フォーラム通信」に掲載されたコラムをWeb担サイト上に再掲したものです。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]