初代編集長ブログ―安田英久

PRの押し出しと企業サイトのノイズ化

Web担のなかの人

PR下手で損してる人(たち)に贈る日々のPRを続ける5つのコツ
http://gitanez.seesaa.net/article/90061373.html

会社でも、個人でも、自分(たち)ができること・やりたいことをうまく外部の人に理解してもらえてなくて損してるよなーと感じることがよくあります。

まわりにもっと自分(たち)ができること・やりたいことをわかってもらえば、いまよりやりたい仕事ができるようになるし、やりたいことをもっと楽にできるようになるのになーと、はたから見ていて感じるわけです。

ブログを書いている人ならば、「私はこんなことを考えています」「私はこんなことをしました」を自然に表出できていますよね。それを多くの人がやっている時代になって、ふと周りを見てみると、そうしないことで、損をしている人が多いんじゃないかと気づいてしまうわけですよ。棚橋さんは、そういった人を「PR下手」と表しています。

PRというと、会社の広報や製品のアピールといったことを思い浮かべるかもしれませんが、「私はこういう人間です」「うちの会社はこんな会社です」といったことを知ってもらうのが基本ですよね。

それなのに、積極的に表に出すのは営業寄りの情報ばかりで、第三者からみると、住氏のブログ記事「現状の企業サイトはノイズの固まりにすぎない」でいう、以下のような状態になってしまいがちなんですよね。

現状の企業サイトはノイズの固まりにすぎない
http://www.motoharusumi.com/……

しかし現実には、探している情報を見つけるまでの過程において、何かを売りつけようとするだけのために作られたようなメッセージを見せられてしまうことも多く、少なくとも僕は、そのたびに軽く苛立ったり、落胆したりします。そしてその苛立ちや落胆といったネガティブなイメージは、そのマーケティングメッセージを僕に押しつけようとしたブランドとセットになって、僕のエクスペリエンスの一部として残っていきます。

もちろん、結果として利益を出せなければ企業としては失敗なのですが、上記ブログに書かれている、うまくPRするということ、営業メッセージだけでなくユーザーが探しそうな情報を提供するということは、利益を出すことと相反するアクションではないはずだ、と思った週末でした。

この記事は、メールマガジン「Web担ウィークリー」やINTERNET Watchの「週刊 Web担当者フォーラム通信」に掲載されたコラムをWeb担サイト上に再掲したものです。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]