アクセス向上99のワザ

#02~#11 キーワード選びで狙ったターゲットにリーチしよう

よろしければこちらもご覧ください

キーワード広告の要はなんと言っても、どのキーワードに入札するのかの選択。キーワード広告初心者は10~20キーワードに入札して満足することが多いが、まずは1つのキャンペーンにつき100~200キーワード入札してみよう。

費用対効果の高い集客キーワード広告で実現するには、次のポイントを押さえよう。

費用対効果の高いキーワード選びのワザ

02スモールキーワードを探そう

一般的で検索数は多いビッグキーワード(たとえば「自動車」「マンション」など)だけでなく、検索数は少ないが限定的な意味のスモールキーワード(たとえば「マンション 分譲」など)をうまく見つけよう。

03地名を組み合わせよう

例:「マンション 横浜」「中古車 愛媛」など

04季節要因やイベントを組み合わせよう

例:「温泉 紅葉」「花束 母の日」など

05製品の特徴や販売手法を組み合わせよう

例:「ノートパソコン 軽量」「iPod 通販」など

06その製品が役に立つトラブルの元などを考えよう

例:掃除用具の広告で「油汚れ 台所」など

07入力間違いや表記揺れにも入札しよう

例(入力間違い):「iPod」を「ipad」や「ipd」など

例(表記揺れ):「とうふ」「トウフ」や「ジャム」「ジヤム」など

便利なツールを活用しよう

オーバーチュアやグーグルは、キーワード探しに便利なツールを提供している。うまく使えばキーワード選びの幅が広がるぞ。

08キーワードアドバイスツール(オーバーチュア)

関連するキーワードが、前月に実際に検索された回数とともに表示される。

ただし、オーバーチュアの新システムへの移行にともない、すでに正式サポートが終了してしまっている。ツール自体はまだ利用できるのだが、検索回数データの更新が2007年4月分の時点で停止しているのだ。そのため、今後は新スポンサードサーチの管理画面から利用できる内部ツールとしてのキーワード選択機能を利用することになる

09オーバーチュア新スポンサードサーチの内部ツール

新スポンサードサーチの内部ツールは、新スポンサードサーチのアカウントを持っていればキーワード追加の画面から利用できる)。

利用しているオーバーチュアのアカウントがまだ新スポンサードサーチの管理画面に移行されていない場合は、もうしばらく我慢しよう。

10キーワードツール(グーグル)

関連するキーワードが、ライバル広告主や検索数のおおよその傾向とともに表示される。季節変動や検索の多い月なども調べられる。

11グーグルトレンド

指定したキーワードの検索数の移り変わりが表示される。複数のキーワードをカンマで区切って指定すれば比較もできる。


※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウVol.4』 掲載の記事です。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]