年間43億個を超えた2018年度の宅配便取扱個数【国交省が発表】 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2019年10月9日(水) 08:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「年間43億個を超えた2018年度の宅配便取扱個数【国交省が発表】」 からご覧ください。

国土交通省は10月1日、2018年度の宅配便取扱個数が43億701万個だったと発表した。配送方法の内訳は、トラックが42億6061万個(全体の98.9%)、航空便などを利用した運送が4640万個(全体の1.1%)だった。

国土交通省の発表によると、2018年度の宅配便取扱個数は43億701万個 宅配便取扱個数の推移
宅配便取扱個数の推移

2018年度の宅配便取扱個数を前年度と比較すると、取扱個数は5568万個増え、増加率は約1.3%増。

国土交通省の発表によると、2018年度の宅配便取扱個数は43億701万個 宅配便取扱個数の推移
宅配便の取扱個数の推移の内訳

2018年度におけるトラック運送の宅配便取扱個数を宅配便事業者ごとに見ると、ヤマト運輸は前年度比1.8%減の18億353万個、佐川急便は同1.2%減の12億4663万個、日本郵便は同7.6%増の9億4221万個だった。

国土交通省の発表によると、2018年度の宅配便取扱個数は43億701万個 宅配便(トラック)取扱個数
宅配便(トラック)取扱個数

ただ、2017年度は佐川急便の取扱個数が、決算期変更に伴い376日分で集計している。従前の決算期通り2017年3月21日から2018年3月20日(365日分)で集計した場合、佐川急便の前年度比増減率は1.9%増、トラック便の合計は2.1%増となる。

2018年度の「メール便」の取扱冊数は50億2111万冊。前年度と単純比較すると、2万5487冊の減少(前年度比4.8%減)。メール便のシェアを見ると、「ゆうメール」と「クロネコDM便」の上位2便で96.8%を占めている。

国土交通省の発表によると、2018年度の宅配便取扱個数は43億701万個 メール便取扱個数の推移
メール便取扱個数の推移

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:年間43億個を超えた2018年度の宅配便取扱個数【国交省が発表】
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

石居 岳
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]