【Google広告】マッチタイプ変更!?絞り込み部分一致を廃止

Google検索広告の強みは、キーワードのマッチタイプを活用することで、無駄なくリーチを最大化できるところ。そのマッチタイプが今月大きくアップデートされることをご存じでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Grab」では過去に「Google検索広告のキーワード「マッチタイプ」完全ガイド」という記事を紹介しています。記事ではGoogle検索広告で使える4つのマッチタイプを紹介していました。

しかしキーワードのマッチタイプが今月に大きくアップデートされてしまいます。結果としてはGoogleの機械学習精度が高まり、シンプル運用できるようになります。ただ、今までにマッチタイプを活用している広告運用担当者にとっては、対応に迫られるでしょう。

現在、Google検索広告を運用している方はもちろん、今後インハウスでの広告運用をお考えの方も、今回のマッチタイプの変更内容とそれまでにやるべきことを把握しておきましょう。

 

>> 「マッチタイプの変更」について詳しく読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]