「とらのあな通信販売」にソーシャルPLUSを提供開始! 「欲しい時にすぐ買える」ユーザー体験を目指し、ソーシャルログインを導入

株式会社虎の穴が運営するECサイト「とらのあな通信販売」に、ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」を導入いただきました。 これにより、Twitter、LINE、Yahoo! JAPAN、Googleのアカウントを利用した会員登録やログインが可能となり、より便利にECサイトをご利用いただけるようになりました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、株式会社虎の穴(所在地:東京都千代田区、代表取締役:吉田 博高、以下「とらのあな」)が運営するECサイト「とらのあな通信販売( https://ecs.toranoana.jp/ )」において、ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」を提供開始いたしました。

これにより、Twitter、LINE、Yahoo! JAPAN、Googleのアカウントを利用した会員登録やログインが可能となり、より便利にECサイトをご利用いただけるようになりました。

本プレスリリースの詳細はこちら

https://socialplus.jp/newsrelease/20210407

導入の背景と効果(とらのあな様のコメント)

スマートフォンの利用拡大やECサイト利用の一般化により、「ID・パスワードを覚えていない」「もっと簡単に登録・ログインしたい」という声を頂戴することが増えて参りました。

特に「とらのあな通販」の特長として、SNSで見かけて「欲しい!」と思った時にすぐに購入されたり、好きな作家様の更新情報から商品を検索されたりするお客様も多く、システムの不備でご不便をおかけすることは、作家様とお客様双方の機会損失に繋がりうるという懸念もございました。

そこで、ライトユーザー層の会員登録の促進と、すでに会員登録済みのユーザーの皆様に対してはログイン操作の簡略化を意図し、Twitter、LINE、Yahoo! JAPAN、Googleなどの複数の外部アカウントサービスとの連携をまとめて行うことで、個別に対応を行うよりも低コストかつ迅速に外部アカウントとの連携を実現することができると考え、「ソーシャルPLUS」の導入を決定しました。

導入後の効果としては、順調に連携した会員数が増加(すでに会員登録した方が外部アカウントとの連携を行った場合も含む)し、昨年の同月と比較しても新規会員登録者数が7.5%増であったものの、コロナ禍という特殊な状況下でもあり明確にはまだ精査しきれておらず、今後も引き続き連携しているユーザーの動向を注視して参る所存です。

ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ユーザーのIDとプラットフォームのIDを連携することでプラットフォーム上でのコミュニケーションを可能にし、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやYahoo! JAPAN、Google、Appleなど、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINE公式アカウントと連動するLINEログインをはじめ、LINE Profile+や自動友だち追加機能、Messaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。

Webサイト:https://socialplus.jp/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース
担当:大西
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アフィリエイト
広告商品の一種。 第三者のブロガーやメディアに商品の宣伝や販促をしてもらい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]