MA運用半年で200件の新規営業案件を創出!営業&マーケティングデータ統合のポイントとは?<さくらインターネット様が語る!データ連携ツール活用法>講演レポート

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携。今回はASTERIA Warpユーザー企業様によるイベント講演レポートをお届けします。今回は、ホスティングからハウジングまで幅広いデータセンターサービスを提供しているさくらインターネット株式会社様です。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

さくらインターネット株式会社様では、営業システムや名刺管理システム、MAツールなどをシームレスに連携し営業活動を効率化&最適化したことで、半年で200件の新規営業案件の創出や年間210万円の営業事務コスト削減を実現しました。

今回はその事例を元に、営業&マーケティングデータを連携するときのポイントをさくらインターネット 小林様からご紹介いただきました。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20210127/85300.html

アーカイブ動画の視聴をご希望の方は以下のバナーをクリックして下さい。

その他のユーザー企業様によるデータ連携ツール活用法については、こちらの特設ページをご覧ください。

用語集
ASTERIA / Kintone / MA / Marketo / Sansan / WARP / uSonar / アステリア / アプリケーション連携 / 動画で解説
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]