効果がはっきりしないAIプロジェクトに数千万円も投資するの!?業務へのAI適用を現実のものにしてくれるAutoMLの魅力<ホワイトペーパー>

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、最新AI技術を企業経営に役立てるための最適解を考察します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

需要予測の精度を高めて過剰在庫を抑制したい、高度な自動化によって業務の省力化を図りたい…企業経営におけるさまざまな課題を解決すべく、最新のAI技術を上手に活用したいと考えている企業は少なくない。しかし、膨大な費用と期間が必要になることで導入に二の足を踏んでしまうケースもあれば、思うような成果が上がらないPoC段階でAI活用を断念してしまうケースもあるだろう。そんな状況に陥ることなくAI技術を企業経営に役立てるためには、どんな点に注意すべきなのだろうか。今回は、AIプロジェクトにおいて失敗しやすいポイントを紹介しながら、AI活用に向けた最適解について考えていきたい。

  1. 経営課題に応えるAIの力
  2. AIプロジェクトを躊躇させる「コスト」と「期間」
  3. AIプロジェクトにおける失敗の原因
  4. 自走するためのAutoMLと経営課題に紐づけるための支援体制が重要に
  5. AutoMLソリューション「AMATERAS RAY」の魅力
  6. AutoMLを用いて自社の業務への適用を支援するパートナー

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_automl/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]