締め切り間近!【動画マーケティングの鉄則】無料ウェビナーの開催が迫っています

最強タッグが送る「採用活動」における動画マーケティングの鉄則セミナーを開催します。コロナ禍の今、採用活動に困っていませんか?今までと変わり映えのない方法を続けていませんか?時代が変わりつつある今、採用活動にも「動画マーケティング」は重要になってきています。今回はそんな「動画マーケティング」について採用にスポットを当てて解説いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コロナが流行中の今、採用活動にも変化が起こり始めています。まずはこちらの図をご覧ください。

求人動画による応募率の変化
求人動画による応募率の変化

求人情報へ動画を掲載するだけで、求人詳細ページから応募ページへの遷移率が130%も増加していることがわかります。
つまり「より多くの求職者に応募を促すには動画が必要だ」ということです。

 

また現在はコロナの影響で有効求人倍率がどんどん下がっています。今はコロナが原因で求職者が一時的に増加し、求人情報が少ない時代です。少ない求人情報に数多くの求職者から応募があると、企業が欲しい人材とのミスマッチが起こる原因になります。

このようなミスマッチによる採用難に伴い、多くの企業が求人媒体掲載に後ろ向きになっているのが現状です。

「費用をかけずに自社にマッチした人材を獲得できないか?」「採用にかける手間を少しでも減らしたい」とお考えの企業には、今までの媒体依存型の採用活動ではなく、自社特有の動画コンテンツの活用により求職者へアプローチするのが最適です。

動画コンテンツを作成し、広告として配信することで企業の認知促進を図り、自社のファンを増やすことができます。

このような手法を続けていくと、自社のファンが育ち、ファンが応募するという流れを生む場合もあります。

動画はコンテンツとして作成するだけでなく、活用方法によってさまざまなメリットを生み出します。

 

こんな方におすすめ

今回のセミナーは、主に「動画マーケティング」についてお話いたします。その中でも”採用活動”における動画マーケティングの活用に特化して解説するため、下記のような方におすすめです。

  • 採用活動にWeb広告を使用したいWeb担当者
  • 現在の採用活動に限界を感じている採用担当者
  • 動画広告に”費用対効果”を求める方
  • 広告クリエイティブ制作に課題を感じている方
  • 動画を作ったはいいが活用方法に困っている方

無料ウェビナー開催概要を確認

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]