Search Console ドメインプロパティ?URLプレフィックス?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Search Console を利用しようとプロパティの追加をクリックすると、「ドメインプロパティ」「URLプレフィックス」という二つの方法が提示されます。
見慣れない、聞きなれない用語に戸惑う方も多いのではないでしょうか?

ドメインプロパティ
『example.com』など、取得した(NICに登録されているレベルの)ドメインを入力すると、そのドメインを持ったすべてのプロトコル・サブドメイン・ディレクトリ・ファイルを対象にしてくれる方法です。
http:// と https:// の違い、www 有り無しなど、全てを勝手にカバーしてくれるので便利といえば便利ですが、後述することがちょっとあります。

URLプレフィックス
https://example.com』のように、プロトコル・サブドメイン・ドメインまでを指定してその配下のみを対象とする方法です。
ドメインプロパティと比べ、融通が利かないように思われますが、後述することがちょっとあります。

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/275/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]