人々の「意識」が世界を作り上げているのだから、マーケティング担当者は人々の意識や価値観に注目すべきである。

人々の「意識」が世界を作り上げているのだから、マーケティング担当者は人々の意識や価値観に注目すべきである。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多くの国において人口の分布は似た曲線をたどると言われている。つまり、初期には出生数も死亡数も非常に多い状態。出生数はそのままに死亡数が減少することにより人口が急激に増加する中期。そして、死亡数は減少し続けるとともに出生数が頭打ちになり人口が増えていかない(横ばい)の状態の後期の主に3段階があると言われている。

この傾向はアメリカやヨーロッパでは既に起きていることであり、人口が横ばいの状態が続いているところが多い。もちろん、移民などを受け入れることで改善を図ろうとしているものの、中期の急激な人口の増加という状態ではないことは確かである。そして、この傾向は日本においても同じである。皆さんご存知の通り、日本の出生率は1%台であり欧米と同じような状態になっている。また、いまだ人口が増加し続けている中国・インドにおいても遅かれ早かれ同じような状態になると言われている。

それにしても、なぜ、どの国においても、そのような傾向を示すのであろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。「人々の「意識」が世界を作り上げているのだから、マーケティング担当者は人々の意識や価値観に注目すべきである。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]