東大理三の人と普通の人の学び方の違い。

東大理三の人と普通の人の学び方の違い。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

本屋に行くと「東大生の勉強法」などという本がずらりと並んでいる。今も昔も「東大」というキーワードは人々を魅了するようだ。優秀な彼らのメソッドを盗み自分自身のものにしようと考える人が世の中には沢山いるのである。

しかし、ほとんどの人がそうであるように、彼らの書籍を読んでも誰も優秀にはならない。これは東大生メソッドに限ったことではない。世の中には、色んな考え方ややり方を示した本があり、多くの人が読んでいるはずだが、それら本によって成長したという人はほとんど聞いたことがない。

この不思議について、誰もが知っているにも関わらず、誰もその原因を考えようとはしない。だから、今日もタイトルに「東大」が付いた本が売れていく。ある意味、本によって成長出来るのであれば、本がこれほどまで発売されることはないのだ。どんなに本を発売しようと誰も成長しないからこそ、色んな本を出す意味があるのだ。

続きはこちらから「東大理三の人と普通の人の学び方の違い。」

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]