よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CPM編②

バブル表

第7回では、「稼働顧客であり続けてもらうための識別」についてご説明をしましたが、識別したものを視覚的に表現したものが『顧客から見たわがわが社のレントゲン写真』であり、また、「わが社のマーケテング戦略のレントゲン写真」でもあります。

第7回の識別表に基づいて顧客を識別し、バブル表に配置するとこのような2次元のバブル表を作成することができます。

このバブル表の会社は…
-------------------------------------------------------------

以上、内容を一部ご紹介させていただきました。

この内容の続きは↓こちら↓よりご覧いただけます。

1:少数盛栄塾:ブログへのリンク
http://bit.ly/2RTwF9y

2:Kindle本へのリンク
https://amzn.to/2RY77I8

3:少数盛栄塾:通販道場へのリンク
http://bit.ly/2RRJmlf

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]