海外のBtoC(消費者向け)企業のInstagram広告成功事例を集めました|Instagramで儲ける

アカウントの影響力を活用し、ブランディング・コンバージョンに成功した海外の企業事例
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Instagramを日々使っていたら知っていると思いますが、Instagram広告はスマホアプリからも出稿できます。
普通に投稿して、「広告を作成」というボタンを押せば、あとはInstagramの指示に従って数回タップや入力を行えば、数時間後には広告が出始めます。

Instagramに限らず、Web広告のハードルは下がり続け、個人でも気軽に出稿できるようになりました。
だからこそ、無数にある広告の中で成果を得る、オーディエンスの記憶に残るためには、「戦略」が重要になってきます。
そして、戦略を学ぶ上で最も効率的な方法が「実例を見る」ことです。

Instagram広告の事例を特定のテーマや業界・業種に焦点を当てて紹介するこの企画。
5回目となる今回は次の事例を紹介しています。

  • Dairy Queen(ソフトクリーム店、アメリカ)
  • アンダーアーマー(スポーツブランド)
  • Golden State Warriors(NBAチーム)
  • Beanpole Outdoor(韓国アパレルブランド)
  • Parachute Home(寝具・バスルーム用品ブランド、アメリカ)

続きは下記よりご覧ください
https://mag.ibis.gs/marketing/instagram_190611/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]