マーケティングオートメーションの事例集めました~情報通信業界編~

数年前アメリカで登場し徐々に日本でも広がってきているMA。様々な業界でマーケティングの最適化が進んでいますが、今回は情報通信業界に焦点を当ててみます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングオートメーション(MA)の利用が日本でも年々進んでいるなか、導入を検討している会社も増えているでしょう。

一般的に「このツールはBtoC向き」「これはBtoB向き」といった傾向はありますが、実際に業務に落とし込んだときどのように活用できるかをイメージすることは簡単ではありません。

ツールを選定するにあたり、製品ごとの機能比較だけでなく、実際に利用している企業がどのようにツールを活用しているのかなど、導入事例も自社での利用イメージを描くのに役立ちます。

そこで本記事では、実際にMAを導入した企業の導入背景や課題、MAによりどのように業務が改善したのかについて、各社の事例を業種別に紹介します。今回とりあげるテーマは情報通信業界です。
情報通信業界は市場が膨大なため、マーケティングの効率化がとりわけ重要視されてきました。

業界別MA事例紹介~情報通信業界編~

  • 株式会社電算システム(HubSpot)
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(HubSpot)
  • エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社(シャノン・マーケティング・プラットフォーム)
  • 日商エレクトロニクス株式会社(Marketo)

各企業の活用事例詳細はこちらをご覧ください。
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]