マーケティングテクノロジーを広告の発想で活用してはいけない。

マーケティングテクノロジーを広告の発想で活用してはいけない。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティング活動にテクノロジーの力を導入することで、顧客との対話を積極化し、ロイヤリティを高めていこうとする企業が増えてきました。しかし、現実は企業からメールやDM、アプリからのプッシュ通知をしているに過ぎないのが現状ではないでしょうか。例えば、「顧客とのコミュニケーションを活発化させることで売上を上げた」という記事には、こんなことが書かれていました。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]