「例外」にこそ「新しい解決策を発見するヒントがある」ことにマーケティング担当者は気づくべき。

「例外」にこそ「新しい解決策を発見するヒントがある」ことにマーケティング担当者は気づくべき。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私たちは、一見関係のなさそうな情報の中に共通する法則を見つけると満足するものだ。まるでスゴイ発見をしたような達成感を感じることもある。いわゆる帰納法的思考法である。

しかし、このような思考法をしていても当たり前のことしかわからないことの方が多いし、すでに分かっていることを再発見するだけにとどまってしまうことの方が多い。

なぜこのような状態になるのかというと、世の中に流通する情報というのは、収集しようと思えば誰でも収集することができるからだ。情報を誰でも収集することができることは、素晴らしいことではあるが、このことが新しい発見を難しくしているのだ。どういうことかと言うと、この情報収集の容易性は多くの人が同じ情報を持つことにつながっているからだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]