「本当に取り組むべき問いか?」をマーケティング担当者は常に意識すべきである。

「本当に取り組むべき問いか?」をマーケティング担当者は常に意識すべきである。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

問いを作る力が重要であると言われる。なぜなら、適切な問いこそが、その後の行動の方向性を決め、課題を解決することになるかどうかの分かれ道になるからだ。

例えば、マーケティング業務において「CVを最大化させるためにはどうすれば良いのか?」という問いを立てたとする。このような問いがあった時、皆さんはどうするだろうか?CVとはきっと、クリックのことだろうから、それを最大化させるために、受信者の興味分野を分析してみようと思うかもしれないし、CVとはきっと、商品購入のことだから、受信者の中で購入してくれそうな人を見つけ出して、そのターゲットに絞って施策を展開していこうなどと考えるかもしれない。いずれにせよ、この問いのセンスの悪さが分かるのではないだろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]