海外サイトのお天気情報APIの精度をくらべてみた【2019年度版】

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

先日、海外向けの多言語サイトにお天気情報APIを実装する機会があったので、備忘録も兼ねて紹介したいと思います。
今回は

・多言語でAPIの情報が引き出せること
・商用利用が可能であること
・(できれば)初期費用や月額料金は無料もしくは低料金で抑えられること

の、3条件をベースに国内・海外発サイトのAPIサービスをピックアップ&比較検討してみました。
それではまずは国内発のサイトから。

うーん、、、なるほど。
商用利用可能なサービスはほとんど有料(しかもわりと高額!)だったりするのですね。そもそも国内向けのサービスなので、多言語の出力には対応していないみたいです。

さて、海外発のサイトはというと、直近ではOpenWeatherMap と DarkSky (旧Forecast)が2大メジャーみたいですね。
利用回数などの制限はあるものの、基本ミニマム機能は無料で提供しているようですよ。
お、両方とも多言語の出力に対応しているみたいですし、、、これで良くないですか?

ところで、海外版のサービスとなると気になるのが情報の精度ですよね。本当に正しい数値や予測をしてくれるの?というわけで、2社からAPI情報を取得して、気象庁が配信しているデータと比較検証してみました。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201903.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]