名刺についてあれこれ。~Calling Card~Visiting Card~ 

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


皆さんは普段のビジネスシーンでは、初対面の方に会うときは挨拶の時に名刺交換をされることと思います。
この名刺、日本と海外ではいろいろと違いがあるようです。今回はそんな名刺の「あれこれ」を少し。
 

さて日本と海外の名刺にまつわる違いはどんな事があるのでしょうか?

 

まず一番大きな違いは名刺のサイズです。
一般的に日本の標準サイズは91ミリ×55ミリ。これに対して北米では、89ミリ×51ミリが、一般的でイギリスなどでは、85ミリ×55ミリが多いようです。

名刺の起源は、古代中国の後漢頃と言われています。そのため日本や韓国、台湾、中国などの東アジア圏では、ビジネスの初対面時に名刺交換を行うことが慣例とされています。欧米などでは名刺の交換は日本の様に厳密的なものではなかったようですが、最近は一般的に使われているようです。それには、メールアドレスやモバイルフォンの番号等の交換のために必要になってきた事が大きな理由のようです。

 

次に・・・
 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_201904.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]