【カメラ初心者・ノンデザイナー必見】超入門!超重要!カメラの4つの露出モードを理解しよう

カメラには、写真の明るさなどを決める露出モードが4種類あります。初級者が中級者になるために理解しておきましょう
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

カメラには、写真の明るさなどを決める露出モードが、P・A・S・Mの4種類あります。

以下の4つは、カメラを扱う上では重要な項目です!丸暗記しましょう。

(*AEとは、オートエクスポージャーです。)

  • P プログラムAE
  • A 絞り優先AE
  • S シャッター速度優先AE
  • M マニュアル撮影

メーカーやカメラによっては、この4つ以外のモード(接写、人物、風景、スポーツなど)がありますが、こちらは基本的には、メーカー特有のものになり、初心者向けになります。また、これらのモードは、実際には使いづらい場合が多くあまり実用的ではありません。

一方、P・A・S・M 4つのモードをきちんと理解すれば、花から料理、人物からスポーツ、風景まで撮りたいもの全てを撮影することができます。本記事ではこの基本4モードの詳細を解説していきます。

続きはこちらをご覧ください

スローシャッターで川の流れを表現した写真
撮影 小野友暉

 

1/8000秒の超高速シャッターで水の動きを撮影した写真
撮影 小野友暉

 

絞り優先モードで背景をぼかした写真
撮影 小野友暉

 

4つの露出モードを理解して、初心者から中級者、上級者になるための5ステップも解説しています。

超入門!超重要!カメラの4つの露出モードを理解しよう

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]