【サブスクリプションモデルとは】急成長中のビジネスモデルを解説

日々新しいビジネスモデルが登場しており、既存企業のシェアを大きく奪う場合もあります。今回は、既存業界を大きく変えた「サブスクリプションモデル」を紹介します
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

【サブスクリプションモデルとは】急成長中のビジネスモデルを解説

 

【新着記事】2019.02.22

日々新しいビジネスモデルが登場しており、場合によっては既存企業のシェアを大きく奪う場合もあります。

例えば、「共有型経済」と呼ばれるシェアリングエコノミーというビジネスモデルは、民泊という新市場を切り開いたAirbnb、雇用形態に改革をもたらしたクラウドワークス、カーシェアで有名になったUberなど、すでに世界的に注目を集めています。

そこで今回、既存企業のビジネスモデルを大きく変えた「サブスクリプションモデル」について、ご紹介します。

サブスクリプションモデルとは

サブスクリプションモデルとは、契約期間に対して対価を支払い、商品やサービスを“買う”のではなく、期間を通じて“体験する”というビジネスモデルです。

続きはWebマーケティング情報メディアGrabの「【サブスクリプションモデルとは】急成長中のビジネスモデルを解説」をご覧ください。

▼記事概要

  • サブスクリプションモデルの事例(音楽配信を変えた「Apple Music」「Spotify」「Google Play Music」、動画配信を変えた「Amazon Prime Video」「Netflix」「Hulu」「DAZN」など)
  • サブスクリプションモデルはなぜ広がるか(モノを“所有”することから“利用”する、“体験”することへの消費者価値観の変化とテクノロジーの進歩)
  • サブスクリプションモデルのメリットとデメリット(消費者、企業側にとってどんなメリットとデメリットがあるか)
  • サブスクリプションモデルの導入方法を懸念点(継続的な価値提供ができないと利用者は増えない。様々なニーズに応えるプラン設計がないと収益化できない)

圧倒的な価格優位性と柔軟性で、ユーザーニーズを満たし続ける「サブスクリプションモデル」

詳しくはこちらをご覧ください

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]