訪日ビジネスを考える 訪日タイ人を知る (4) ~ タイの定番・人気アプリ~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

東南アジアの多くの国において、インターネット依存度が高い傾向がありますが、タイもその傾向が強い国です。
インターネット普及率は約8割、国内の9割のエリアでインターネット接続が可能となっており、回線速度は東南アジア2位とインフラ整備も進んでいます。

タイのインターネットユーザーの主なインターネット用途は「メディア視聴」「宝くじ」「コミュニケーション」「ショッピング」「金融(銀行・投資・消費者金融)」です。
利用デバイスは、スマートフォンが7割を占めており(内8割はAndroid端末)、アクティブユーザー層は40代以下です。
タイにおける定番人気アプリ(非ゲーム)は以下の様になっています。

Facebook ~ ユーザー 5,000万人超

朝起きてSNS、夜寝る前にSNS。という生活を送る10代20代を中心に、数字上はタイの全てのインターネットユーザーが利用しているのは、Facebookです。以前、バンコクが世界で最もFacebookが使われている年になる程の定着ぶり。Facebookは、単なる自分の情報発信の場としてではなく、ECサイト、ニュースサイトとしての用途でも盤石の地位を占めています。

Facebook Messenger ~ ユーザー 2,600万人超

Facebookが普及しているということは、もちろん、メッセージアプリのMessengerも広く普及しています。ただし、最近では、LINEがメインになっています。

 

LINE ~ ユーザー 4,000万人超

LINEゲームアプリがきっかけとなり、ユーザーが爆発的に増加し、動画配信、ニュース配信、人材紹介、決済サービスなどに展開し、現在は現地メガバンクであるカシコン銀行と合弁し、もはや欠くことのできないインフラにまで成長しています。

 

Instagram ~ ユーザー 1,500万人超

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201902.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]