グーグルのクラウドを支えるテクノロジー >  第17回 SDNでグローバルな経路最適化を実現するB4ネットワーク

よろしければこちらもご覧ください

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第17回 SDNでグローバルな経路最適化を実現するB4ネットワーク

はじめに
 今回は、2013年に公開された論文「B4: Experience with a globally-deployed software defined WAN (PDF)」をもとにして、「B4」と呼ばれる、Googleのデータセンター間を接続するグローバルネットワークについて解説を行います。

Googleのグローバルネットワーク
 はじめに、Googleのグローバルネットワークの全体像を整理しておきます。図1は、2016年に公開された「Evolve or Die: High-Availability Design Principles Drawn from Google's Network Infrastructure」という論文からの抜粋です。

fig01

図1 Googleのグローバルネットワーク(論文より抜粋)

 前回までに解説したように、各データセンターには、Closトポロジー型のクラスターネットワークが用意されています。図1のCAR(Cluster Aggregation Router)は、クラスターとグローバルネットワークを接続するためのスイッチで、B2、および、B4の2種類のグローバルネットワークに接続されています。まず、B2は、ISPを介してインターネットと相互接続するためのグローバルネットワークです。こちらは、他のネットワークとの相互接続性を確保するために、一般的なベンダー製品のネットワーク機器が使用されています。一方、B4は、データセンター内のアプリケーションが、相互にデータをやり取りするための内部ネットワークです。こちらは、データセンターネットワークと同様に、独自設計のネットワークスイッチをソフトウェアで制御する仕組みが実装されており、この後で説明するように、サイト間のネットワークトポロジーとアプリケーションの種類(トラフィックの優先度)に応じて通信経路を最適化する、トラフィックエンジニアリングの仕組みが導入されています。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai217.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]