グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第16回 1Pbpsのデータセンターネットワークを実現したJupiter(パート4)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第16回 1Pbpsのデータセンターネットワークを実現したJupiter(パート4)」を公開しました。

はじめに
 2015年に公開された論文「Jupiter Rising: A Decade of Clos Topologies and Centralized Control in Google's Datacenter Network」をもとにして、Googleのデータセンターで利用されるネットワーク技術を紹介していきます。前回は、初期の世代にあたるFirehoseのハードウェアアーキテクチャーを紹介しましたが、今回は、その後継世代におけるアーキテクチャーの進化を説明します。

WatchtowerとSaturnのアーキテクチャー
 前回、Firehose 1.1の課題として、ネットワークケーブルの配線が複雑になるという点をあげました。これは、複数のラインカードを納めたシャーシ内部に、ラインカード間のポートを相互接続するバックプレーンが存在しないことが1つの理由です。そこで、次の世代となるWatchtowerでは、8枚のラインカードを収納するシャーシ内部にバックプレーンが用意されました。図1の左下は、3個のスイッチチップを搭載した8枚のラインカードが、バックプレーンで相互接続された状態を示したものになります。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai216.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]