Excelのメリットとリスクを見つめなおすことにより広がる〜ビジネスシーンにおけるExcelの有効活用

Excelのビジネス活用におけるリスク回避術| ASTERIA WARP 製品ブログ
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

独特の帳票文化を持つ日本の企業において、Excelをはじめとするスプレッドシートはとても馴染み深いものだ。顧客情報リスト、社内申請書のフォーマット、帳票、工程管理など、社内情報の管理や運用にExcelを利用している企業は多い。昨今では、Office365などのクラウドサービスとソフトウェアがセットになったサービスも登場し、利便性はさらに高くなっている。

その一方で、Excelの業務利用におけるリスクは少なくない。経済産業省が7年以上も前から、財務報告におけるスプレッドシート(表計算ソフト)を使用する5つのリスクについて指摘し、利用に関しての注意喚起をし続けている。

例えば、スプレッドシート内で使われているマクロや計算式を第三者が検証していない場合、不正や計算式の誤りが見逃されるリスクが指摘されている。その対策として、企業が規則、仕組、チェック体制などを整備するよう示唆されている。

このような5つのリスクについてホワイトペーパーでは、ひとつひとつ考察している。

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/17555.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]