これだけは知っておきたい《API》!WEB API利用の基本から実装パターンまでをマルッと解説

ぜひ御社のビジネスにお役立てください。『資料ダウンロード:Web APIによるデータ連携デザインパターンとツール活用』。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 APIエコノミーやマイクロサービスアーキテクチャ、FintechをはじめとするさまざまなX-Techといった言葉が叫ばれるなか、APIマネジメント企業の買収のニュースといった形で「API」というキーワードを聞くことが増えています。

 本記事では、さまざまなクラウド上のユニークなサービスが出てきている今、APIを使ったデータ連携で何ができるようになるのか、どんな代表的ユースケースがあるのか、そしてユーザー企業やシステムインテグレーターがよりAPIを利用しやすくするためのツール活用について見ていきましょう。

-------------------------------------------------------------------------

  1. Web APIとは?
  2. APIがもたらす拡張されたデータ連携の価値
  3. 実は進んでいないデータ連携
  4. Web API利用の難しさ
  5. API連携ツールの活用がAPI利用拡大のカギに
  6. API連携をサポートするツール例
  7. Web API連携のパターンと利用シーン
  8. Appendix:データ連携ツール“ASTERIA WARP” 製品を利用したWEB API 連携

-------------------------------------------------------------------------

▼ダウンロードはこちらのサイトから https://www.infoteria.com/jp/contact/warp/wp_warp_cdata/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]