爆発的に普及しているLINEのプロモーションの効果は?!

LINEの企業スタンプは誰に受け入れられる?!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

読みました

http://blog.postco.jp/archives/3475

 

爆発的に普及しているLINE

ライン使われていますか?2011年にリリースされて、爆発的に普及した「LINE」です。今のユーザー数は、2013年8月の時点で約2億3000万人と言われています。

「無料通話ができる」と言った機能は言わずもがな「スタンプを利用した画だけのチャットできる」事が、多くのユーザーに受け入れられ、様々なユーザーが利用しています。実際に私も、60歳を超えた親から「元気にしてる?」とスタンプ付きで送られてきたときには、『ここまで普及したのか』と驚きました。

そんなラインですが、多くの企業が注目し、昨年から企業スタンプや公式アカウントを作り商品プロモーションに利用しています。例えば有名なところで、「日清食品のチキンラーメン」や「ケンタッキーフライドチキン(KFC)のカーネルサンダース」などが上げられます。

 

そんなラインですが、どれだけの予算が係るか?ご存知でしょうか?

LINEのスタンプ配信料金は1500万円

2012年8月までの段階では1,000万円だった予算ですが、その後ユーザー数が増えてきた事もあり、その値段は500万円増加し、今は1,500万円となっています(プランによっては1500万〜2500万円)。

よく使われるメディアとして、キャラクターを使って企業のイメージアップや想起などの効果があると言われているスタンプ。実際はどんな風に使われているのでしょうか?

 

企業スタンプを利用するのは女性が中心

そこで企業スタンプってどんな人が利用するのかを調査しているのが下記のデータです。男性よりも女性の方が多いと言った結果が出ています。

plain

やはり、男性よりも女性の方が、「無料」といった所に引かれるのでしょうか?

 

その他にコチラの記事には「LINEの年代別利用状況」や「企業アカウント」に関する調査も掲載されています。もしご興味等ありましたらご覧下さい。

大人気アプリ「LINE」企業スタンプ・公式アカウント使用動向調査! | POSTCO Lab.

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]