「バナーの比較が簡単にすぐできる」A/Bテスト 掲載実験を実施!

バナーイメージを簡単に調査できる!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ウェブサイトやモバイルアプリケーションの品質検証を行う株式会社ウェブレッジ(本社:東京都千代田区 代表者:代表取締役 佐藤 保 以下、ウェブレッジ)は、同社が運営するWebサイトやスマートフォンアプリ等をモニターに直接評価してもらうサービス『ポストコ』を使い、バナーの比較掲載実験調査を実施しました。

コピーの違う2種類のバナーを作成し、ポストコに登録しているモニターに「どちらのほうがクリックしたいか?」「その理由は何か」をインターネット調査にてヒアリング。その調査結果を確かめるために実際に「ポストコトップページ」内にバナーを掲出し、アクセス解析を行った。その結果、モニターが選んだBパターンのバナーが、Aパターンよりも誘導率が1.5倍と高かった。今後、上記のABテストが出来る商品を10,000円にてテスト販売いたします。

※詳細結果はこちらから
http://blog.postco.jp/archives/555

【ポストコについて(http://postco.jp/)】
ポストコは、Webサイトやスマートフォンアプリなどをモニター(ユーザー)に直接評価してもらうサービスです。
サイトオーナー様からご依頼いただいたサイトをポストコ上で掲載し、モニター会員(約70,000人)にヒアリングする事ができます。モニターはヒアリングをレポーティングすることでスイカなどに交換できるポイントを取得できます。

【調査概要】
■調査方法:インターネット調査(POSTCOを使用)とアクセス解析
■調査期間:2013年5月31日~6月13日
■調査対象:20代~60代の男女
■サンプル数:100人

<インターネット調査の結果>
クラウドソーシングのユーザーには
「ポイント(33%)」より「お小遣い(67%)」というキーワードのほうが
「クリック」したいと思われる。

インターネット調査の結果、「B」の「お小遣い」をメインコピーにしたバナーのほうがクリックしたいと結果が得られた。またその理由でもっとも多かったのは「直接的で分かりやすくストレートに伝わる(現金がもらえるイメージ)」といった答えが多く見受けられた。

<アクセス解析の結果の結果>
ポストコトップページにバナーを掲載、アクセス解析を実施。
Bパターン「お小遣い」の誘導率はAパターンの1.5倍。

2つのパターンのバナーを掲載。同曜日の24時間の遷移数を比較した結果。Bパターンのバナーの遷移数が約1.5倍である事が見受けられた。※遷移数は遷移後のページのPV数で比較

【新商品ABテストプランを販売開始、今なら7月末まで10,000円にてご提供中】
この調査の結果をうけ、ウェブレッジではポストコをつかったABテストのテスト販売を開始いたしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]