(株)Next Edge、関西スタートアップ経営合宿「Re:Vive Camp 1st」を開催

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年12月15日(火)
株式会社Next Edge
全14社のVCバックアップの元、事業ブラッシュアップに取り組む

(株)Next Edge主催の関西U25スタートアップ向けアクセラレーター「Re:Vive」は採択企業向けプログラム内合宿型イベント「Re:Vive Camp 1st」を京都府にて2020/12/4~12/6に開催いたしました。 1日目は京都信用金庫の新ビル「Question」、3日目は京都経済センタービル内「KOIN」にて合宿を行いました。 全14社のVCにメンター、審査員としてご参加いただき、関西のU25スタートアップ企業の事業ブラッシュアップに協力いただきました。


アントレプレナーシップ教育事業、インキュベーション事業を行う株式会社Next Edge(本社:大阪府大阪市、代表取締役:松葉琉我、以下当社)は、シード/アーリーステージの資金調達を希望するスタートアップを対象としたアクセラレータープログラム「Re:Vive」採択企業向け経営合宿『Re:Vive Camp 1st』を、2020年12月4日(金)、5日(土)、6日(日)に開催致しました。

<関西U25スタートアップ向けアクセラレーターRe:Vive(https://www.revive.ventures)とは?>


関西と東京のスタートアップにおける機会格差を是正し、スタートアップ環境を醸成していく事を目的とした若手向けアクセラレータープログラムです。毎週スタートアップ講座、先輩起業家・VCによるトークセッション、VC・起業家による定期メンタリングなどを行っており、東京のスタートアップ関係者と関西の若手起業家を繋いでいます。

東京のスタートアップ関係者との交流で更なる事業グロース、リスクマネーの投下を促す事で、関西でスタートアップを始める人の絶対数を増加させ、良い循環を起こす事を狙っています。

Re:Vive参画VC (Campのみを除く)
・Primal Capital
・East Ventures
・basepartners

Re:Viveトークセッション登壇者
・(株)マイネット 代表取締役 上原 仁氏
・THE SEED GP 廣澤 太紀氏
・(株)Senjin Holdings 代表取締役 下山 明彦氏
・(株)ログミー 代表取締役 川原崎 晋裕氏
・(株)ミラティブ 代表取締役 赤川 隼一氏
・(株)すむたす 代表取締役 角 高広氏
・(株)マネックスベンチャーズ 代表取締役 和田 誠一郎氏
・(株)レキピオ 代表取締役 平塚 登馬氏
・AnkerJapan(株) 取締役COO 猿渡 歩氏
・(株)FABRIC TOKYO 代表取締役CEO 森 雄一郎氏
・(株)Chatwork 代表取締役 山本 正喜氏
・ecbo(株)代表取締役 工藤 慎一氏
・(株)フラミンゴ 代表取締役 金村 容典氏
・AnyMind Group(株) CCO 小堤 音彦氏
・(株)ROXX COO 山田 浩輝氏
・(株)プログリット COO 山碕 峻太郎氏
・(株)mikan CEO 高岡 和正氏

■Re:Vive Camp 概要

Re:Vive Camp 1stでは関西U25スタートアップアクセラレーター「Re:Vive」に採択された企業9社が参加し、参画メンターVC10社との面談、参画審査員VC5社との交流会などを含む2泊3日のイベントで事業のブラッシュアップおよび投資相談を行いました。

□参画ベンチャーキャピタリスト
ReVive Camp 1st 参画VC

■Re:Vive Campの特徴
初開催となるRe:Vive Campでは関西のスタートアップ環境、特にVCとの繋がりや資金面の課題をクリアにするため、以下コンテンツを実施しました。

採択企業、参画VCの全員面談

多様な視点での事業のフィードバック、資金調達の相談を行える機会を創出するため、10社の参画ベンチャーキャピタリスト全員と1on1で面談する機会を設けました。

今後も、関西におけるVCとの接点の少なさを解消し、話すハードルを下げるような機会を創出することで、次回以降の面談や壁打ちなどのコミュニケーションに繋げられるようにしてまいります。




若手VCアソシエイトとの交流促進

最終日に行ったRe:Vive Camp Pitchでは、若手VCアソシエイトを審査員にお招きし3日間の成果を審査していただくとともに、交流会を開催しました。

関西ではなかなかVCと話す機会が無かったり、話すためのハードルが非常に高いと感じてしまう課題があり、より気軽に話すことができる若手VCとつなぐことで、事業のブラッシュアップや多様な視点に触れることを意図しております。
ReVive Camp Pitch審査員
ReVive Camp Pitch後の交流会の様子
■Re:Vive Camp1st 各賞に関して
総合(1位):メンター賞、ピッチ賞それぞれの得点を合計し最優秀企業を選出。またこの集計方法で上位6社が最終イベント「Re:Vive Pitch」にてピッチを行います。
メンター賞(1~3位):Day1およびDay2のメンターが5項目に基づいて審査、採点結果により上位3社を選出
ピッチ賞(1~3位):Day3のRe:Vive Camp Pitchにおいて審査員が4項目に基づいて審査、採点結果により上位3社を選出

■Re:Vive Camp1st 結果発表

総合順位

1位 株式会社フツパー / 黒瀬 康太氏
事業概要:画像認識エッジAI『Phoenix Vision』の開発・提供 エッジAI特化型SaaS『Phoenix Insight』の開発・提供
Webサイト:https://hutzper.com/




メンター賞

1位 株式会社フツパー / 黒瀬 康太氏

2位 株式会社pretapo / 高山 眞太郎氏
事業概要:古着サブスクリプションサービス『pretapo』の開発・提供



3位 FIT CAPITAL / 加藤 俊希氏
事業概要:オンラインフィットネススクール『FIT CAPITAL』の運営




ピッチ賞

1位 株式会社フツパー / 黒瀬 康太氏

2位 Univ! / 植松 風登氏
事業概要:大学生のためのSNSアプリ『Univ!』の開発・提供
app:https://apps.apple.com/jp/app/univ-%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%93%E3%83%BC/id1502623760



3位 FIT CAPITAL / 加藤 俊希氏

■Re:Vive最終イベントについて
プログラムの集大成として2020年12月29日にDemo Dayを行います。
感染対策を十分に取った上でオフラインでも実施いたします。
ご参加を希望されますメディア関係者の皆様は下記フォームよりご登録をお願いいたします。

日時:2020年12月29日(火) 17:00~20:00
場所:120 WORKPLACE KOBE(兵庫県神戸市、https://120workplace.jp/)※オンラインでも開催いたします。
費用:一般・メディア 2,000円(1ドリンク付き) 学生 無料
※人数の制限がございます。
オンラインは無制限、オフラインは20名限定です。フォームにて満席と表示されている場合、当日お越しいただいても入場できかねますのでご了承ください。また当日の入り口での検温で37.5度以上の方は入場をお断りさせていただきます。

申し込み:https://forms.gle/iqikfKXYTDriqq1w5

■会社概要
株式会社Next Edgeは「教育と社会の接続をなめらかにする」ことをミッションに、教育事業に取り組んでいます。Re:Viveでは関西の学生数に対してのスタートアップ企業数の少なさやスタートアップの浸透率の低さ、選択肢を損失している現在の状況や、起業支援の名の下にスモールビジネスとスタートアップを混同している状況を是正すべく、スタートアップ環境を醸成する起業家育成教育に取り組んでいます。

社名:株式会社Next Edge
設立:2018年9月25日
代表者:代表取締役CEO 松葉琉我
事業内容:学習支援業、インキュベーション事業
所在地:大阪府大阪市淀川区西中島1-9-20
https://www.next-edge.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]