社内起業家育成プログラムオンラインの提供を開始。

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年07月13日(月)
株式会社bridge
イノベーション創出を支援するビジネスデザインファームの株式会社bridge( 本社:東京都新宿区 / 代表取締役:大長 伸行)は、 企業内新規事業活動の活性化と社内起業家育成を目的に、新規事業創発のスキル習得プログラム「社内起業家育成プログラムオンライン」の提供を開始しました。 当プログラムは新規事業に求められるプロセスやコアメソッド、ケーススタディ、活用法までを一気通貫学ぶ全10回のオンライン研修プログラムです。社内企業家育成はもちろん、組織が自社の事業創造に対して共通の認識を持つための機会として活用ください。




特徴


レクチャーとワークショップで構成された全10回のプログラムです。(2時間/1回)
各回のワークショップでは御社のビジネス課題、実際のプロジェクトに沿った演習テーマを設定。学習と実践の場をリンクさせることで、実ビジネスへのアクションにつなげます。
slackで参加メンバーのコミュニティを形成。テーマに対する相互の情報共有、ケーススタディ、アドバイスなど参加者間の自発的な学習を通じてナレッジ共有を促進します。
bridgeのメンバー自らが一人の起業家として、スタートアップし、実践することで得た実践知を共有します。


プログラム概要

第1回 サービスデザイン力
顧客経験イノベーション:人間中心発想によって、顧客経験全体を捉えサービスを描く方法を学ぶ。

デザイン思考とは
サービスデザインのプロセスとコアメソッド
デジタルトランスフォーメーションとデザイン思考”


第2回 探索力
デザインリサーチ:顧客の隠れたニーズ、要求を発見するためのリサーチ手法を学ぶ。

エスノグラフィー/文脈的インタビュー
顧客との共創
インタビュー設計法


第3回 問題定義力
ユーザーインサイト:顧客のペイン、ゴール、体験を可視化することで解決すべき課題を特定するための手法を学ぶ。

調査分析手法
ペルソナ
カスタマージャニーマップ


第4回 アイデア発想力
エクスペリエンスデザイン:インサイトを起点にアイデアを発想し、顧客経験全体を構想するための手法を学ぶ。

エクスペリエンスデザイン発想法
強制発想
テクノロジードリブンイノベーション


第5回 コンセプト構想力
コンセプトメイキング:サービスのコア・バリューとコンセプトを構想するための手法を学ぶ。

アイデア評価
コアバリューとコンセプト定義
デザインクライテリア(サービスの世界観)定義


第6回 試作力
プロトタイピング:アイデアを視覚化することで新たな機会、課題を探索するための手法を学ぶ。

プロトタイピングのバリエーションと活用シーン
機能評価と要件定義
非エンジニアのためのプロトタイピングツールの活用法


第7回 ソリューション検証力
ユーザーテスト:プロトタイプを通じて素早く学習、改善するための手法を学ぶ。

検証計画(MVPキャンパス)
ソリューションインタビュー
デザインスプリント


第8回 プレゼンテーション力
ストーリーテリング:エピソードなど印象的な“物語”を引用し伝えたい想いを強く印象付ける手法を学ぶ。

ストーリーテリングとは
スタートアップに学ぶストーリーの作り方
ストーリーテラーとしてのマインドセット


第9回 市場検証力
テストマーケティングと市場検証:実際にサービスを展開する前に試験的に実験するプロセスや検証方法を学ぶ。

クラウドファンディング
初期顧客の獲得方法
UGC(ユーザー発信コンテンツ)の作り方


第10回 プロジェクトデザイン力
プロジェクトデザイン:創造的プロジェクトの立ち上げに必要なプロジェクトデザインのコアメソッドを学ぶ。

プロジェクトデザインのアーキテクチャー
ミッション、ビジョン、バリュー
プロセスデザインとタスクマネジメント


費用・期間・受講数

・550万(税別)
・3ヶ月(全10回×2時間)

対象

・これから新規事業に取り組むすべてのビジネスパーソン

ツール

・zoom / Teams
・slack
・miro

参考記事

企業の事業開発のためのウェブメディア「Biz/Zine」で掲載された当社ビジネスデザイナー鈴木郁斗の寄稿をまとめました。今、社内起業家に求められるプロセス、メソッド、マインドセットをわかりやすく紹介しています。ご参考ください。
https://www.bridgedesigners.com/topics/476/

当社取締役 鬼海 翔が創業した幼児食宅配サービスhomealが社会課題解決をテーマにしたスタートアップの登竜門であるICCサミット「スタートアップ・カタパルト」(ICCサミット KYOTO 2020)の審査に合格し登壇することになりました。
https://www.bridgedesigners.com/topics/4116/


株式会社bridge
bridgeは、共創型ビジネスデザインファームです。
リーンスタートアップやデザインシンキングの手法を組み合わせたユニークなプロジェクト設計とファシリテーションで、新規事業の創出、既存の事業の成長、イノベーション人材育成、組織変革に対するコンサルティングサービスを提供しています。

website www.bridgedesigners.com
facebook www.facebook.com/bridgeinc
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]