CRM・SFA「eセールスマネージャーRemix」のMA機能「esm marketing」を提供開始

ソフトブレーン、マーケティングと営業の連携効果向上、費用対効果の補足も容易

営業支援システム事業のソフトブレーンは、同社が展開するCRM(顧客関係管理)・SFA(営業支援)システム「eセールスマネージャーRemix」のマーケティングオートメーション(MA)機能「esm marketing」の提供を始めた、と4月8日発表した。マーケティングと営業の連携効果を高められ、マーケティング投資での費用対効果の補足も容易になる。

eセールスマネージャーRemixのユーザーからマーケティングと営業の連携に関する相談が寄せられていたため、MA機能となるesm marketingを提供する。esm marketingには見込み客の獲得、育成、管理の各機能があり、リード獲得・ナーチャリング(顧客育成)と商談の担当者が異なっていても、顧客が検討するタイミングを逸すことがなくなる。

代表的な機能

さらに、ウェブアクセスやメールのクリック情報に基づく顧客への根拠ある提案やフォローが可能になり、ウェブやセミナー経由で流入する顧客情報を一元化する手間も省く。マーケティング投資に対してどれだけの業績が生み出せたかも分かる。esm marketingはeセールスマネージャーRemixを使っていなくても単独サービスとして利用可能。

画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]