楽天グループがOpenAIとともに通信業界に特化した最先端AIツールを共同開発して提供へ

モバイルネットワークの計画・構築・管理で生じるニーズに対応するソリューションを開発

楽天グループは、生成AI(人工知能)「ChatGPT」を展開する米国OpenAIとともに、通信業界に特化した最先端AIツールを共同開発して提供する、と2月26日発表した。両社の技術や知見を組み合わせることで、モバイルネットワークの計画、構築、管理の際に生じる通信事業者のニーズと課題に対応するAIソリューションの開発を目指す。

楽天のOpen RANと、Open AIのAI技術に関する知見を融合させる。Open RANはオープンな規格に準拠した無線アクセスネットワークを指す。楽天のAIプラットフォーム「Rakuten AI」をカスタマーサービス、ネットワーク最適化、不具合を事前に察知して故障を防ぐ予知保全に関するソリューションを含むプラットフォームに進化させる。

通信事業者はこれによって、ネットワーク上の問題をほぼリアルタイムに検出・解決する機能が強化され、通信サービスへの信頼性とパフォーマンスを高めながら、応答性の高いネットワーク運用が可能になるという。通信業界向けの協業は、楽天とOpenAIが2023年11月に公表したAI分野の戦略的パートナーシップに基づいて進められる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]