DACが生成AI技術を活用したデジタルマーケティング支援ソリューションを開発

社内で検証を開始、このソリューションを生かした広告運用サービスを今後検討

デジタルマーケティングサービス事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、米国オープンAIが開発した「ChatGPT」をはじめとした生成AI(人工知能)技術を使ったデジタルマーケティング支援ソリューションを開発し、検証を目的にした社内運用を始めた、と6月1日発表した。今後、このソリューションを生かした広告運用サービスを検討する。

マーケティングのさまざまな領域で生成AIの活用が期待される半面、企業内で利用する際には、プロンプト(AIへの指示文)に含まれる機密情報の取り扱いへの懸念や、プロンプトのテンプレートを共有する仕組み作り、専門知識への対応などの課題がある。DACはこれらの問題解決に向け、デジタルマーケティングの独自知識が生かせるAIソリューションを開発した。

このAIソリューションは、ChatGPTに搭載の大規模言語モデル「GPT-3.5」と最新版「GPT-4」に対応。「Facebook」「Google」「LINE」「Twitter」などでのDAC独自の広告運用の知見を生かした。プロンプトの履歴管理、プロンプトテンプレートの社内共有と評価、個人情報や機密情報の検知と外部送信中止の各機能がある。ChatGPT以外の生成AIへの対応も予定する。

利用画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]