オプトのAI活用広告クリエイティブ制作ツール「CRAIS for Text」が「GPT-4」に対応

「ChatGPT」と効果予測AIを利用、広告テキストの精度が高まって広告クリック率改善

デジタルマーケティング事業のオプトは、米国AI(人工知能)開発事業のオープンAIのAIチャットボット「ChatGPT」と効果予測AIを活用して効果的な広告クリエイティブ制作を可能にするツール「CRAIS for Text」が、オープンAIの言語モデルシステムの最新版「GPT-4」に対応した、と4月12日発表した。広告テキストの精度が高まり、広告クリック率が改善するという。

CRAIS for Textは3月20日に展開を開始した。ChatGPTと連携するAPIはGPT-4の前バージョンの「GPT-3.5」だった。今回オプトがGPT-4のAPIの先行利用が可能になったことから、CRAIS for TextにGPT-4を実装した。GPT-4は一部の開発者への提供が3月15日から行われている。GPT-4はGPT-3.5と比べ、同じ条件・情報から生成されるテキストの精度が大幅に向上している。

GPT-4では、これまでと同じ指示(プロンプト)でも、より質の高いテキスト生成が可能になった。GPT-3.5で生成した広告テキストは、コンサルタントのチェックで約75%が広告配信に活用できたが、GPT-4は約90%が利用可能になる。広告配信後のクリック率では約2割の改善が見込まれる。CRAIS for Textは加えて「Google広告」のレスポンシブ検索広告にも対応した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]