「LINEプロフィールスタジオ」で90年代米国の学生風写真を生成する「AIイヤーブック」提供

LINEヤフー、顔写真8~12枚の登録で優等生・チアリーダー風などさまざまな画像60枚を生成

LINEヤフーは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」内のサービス「LINEプロフィールスタジオ」で、顔写真を登録するとAI(人工知能)が1990年代の米国の学生風の写真を生成するコンテンツ「AIイヤーブック」の提供を始めた、と2月26日発表した。90年代の米国の卒業アルバムにありそうな姿の画像を生成する。

LINEプロフィールスタジオは、LINEアプリのプロフィールを楽しむサービス。イヤーブックは大学や高校などの卒業アルバムを意味する。AIイヤーブックは、自分の顔写真8~12枚を登録することで、優等生、チアリーダー、ファッショニスタ(最先端ファッションを追い求める人)風などさまざまな画像60枚を生成する。

生成された画像はLINEアプリのプロフィール画像に設定できる。ダウンロードして各種SNSなどで利用することも可能。同じ写真の登録でも生成画像は毎回異なる。画像60枚を24時間後に生成する「スタンダード」(200LINEコイン)と、短時間で生成する「エクスプレス」(320LINEコイン)の2つのパッケージを用意した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]