Kivaがウェブアクセシビリティサービス「ユニウェブ」提供開始、コード1行追加で実現

音声読み上げやコントラスト変更など多様な使い方で正しい情報を理解できる状態に

家電などの延長保証とウェブアクセシビリティ(利用しやすさ)導入サービスのKiva(キヴァ)は、ウェブアクセシビリティ規格に対応した「ユニウェブ」の提供を始めた、と12月6日に発表した。

Kivaは、保証延長サービス「proteger」の提供を通じてEC事業者やユーザーと交流する中で、視覚障害者や高齢者がWebサイトから情報を取りにくいことが分かり、ユニウェブを開発した。

視覚に障害がある人や怪我で一時的に手が使えない人など、さまざまな利用者が音声読み上げやコントラスト変更などの多様な使い方で正しい情報を理解できる状態にすることを目指す。2024年4月1日から障害のある人から申し出があれば合理的配慮の提供が義務化され、これまで以上にウェブアクセシビリティの確保が求められている。

※記事初出時点から、訂正しました(2023‐12‐20)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]