「PayPay」が「App Store」「Apple Music」などAppleのサービス支払いに利用可能に

Appleのサービスに使えるコード決済は日本初、「PayPayポイント」0.5~1.5%も付与

スマートフォン決済事業のPayPay(ペイペイ)は、同社のコード決済「PayPay」が、Appleのアプリダウンロード「App Store」、同音楽ストリーミング「Apple Music」、クラウド「iCloud+」といったAppleが運営する各サービスの支払いに利用できるようになった、と5月17日発表した。Appleのサービスに使えるコード決済は日本で初という。

PayPayのユーザーは、Appleアカウント「Apple ID」と「PayPayアカウント」を連携させると利用が可能になる。App Storeでは有料アプリの購入、アプリ内課金、Appleアカウントの残高チャージなどにPayPayが使用できる。PayPayでAppleのサービスを購入した際には、PayPayの利用状況に応じて0.5~1.5%の「PayPayポイント」がたまる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]