シナジーマーケティングのCRMシステム「Synergy!」がストレージ「Amazon S3」と連携

自動データ処理機能を拡張、データ連携で効果的な顧客コミュニケーション施策が可能

CRM(顧客関係管理)関連事業のシナジーマーケティングは、同社のクラウド型CRMシステム「Synergy!(シナジー)」が、Amazon Web Services(AWS)のストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」と3月14日に連携した、と3月16日発表した。データの相互連携が可能になり、効果的な顧客コミュニケーション施策につなげられる。

外部システムのデータとSynergy!に格納したデータを決めたタイミングに自動でインポート・エクスポートするSynergy!の自動データ処理機能を拡張し、Amazon S3と連携。データの受け渡しは従来、外部システム側でSynergy!の環境に合わせた実装が必要だが、Amazon S3は不要になり、Amazon S3に集約したデータとSynergy!のデータが連携できる。

管理画面で接続設定が可能

外部システムからAmazon S3に収集したデータをSynergy!にインポートし、ターゲットのセグメントや配信のタイミングに活用でき、効果的な顧客コミュニケーション施策が可能。Synergy!で取得したキャンペーン参加履歴や蓄積したメール配信などの実績をAmazon S3にエクスポートすると、データを集約して分析やターゲティングなどに生かせる。

各種データを効率的に活用した顧客コミュニケーションの実現
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]