Amazon S3 を使ってみよう

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Amazon S3 を使ってみよう 」を公開しました。
はじめに
今回の「今からはじめる Amazon Web Services」は、AWSが提供するサービスのなかでもEC2と並んで使用頻度の高い「S3」を取り上げ、その概要と使い方を紹介していきましょう。

Amazon S3
まず、Amazon S3について簡単に概要を説明しましょう。

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)は、容量無制限のオンラインストレージのWebサービスです。AWSは2006年にサービス提供を始めましたが、その時に最初に提供されたサービスの一つでもあります。Webサイトのホスティング、画像データなどのホスティング、バックアップストレージなどに使用されており、S3を単独で使用することも、EC2などと連携して使用することもできます。

S3は、AWSのその他のサービスと同様に「拡張性」に優れ、99.999999999%という高い「耐久性」を持ちます。この耐久性は、こちらの記事によると、S3に1万個のオブジェクトを保存したとして、そのうちの1つが障害によって失われるのに平均で1000万年ほどかかるレベルということです。また、自動冗長化、暗号化、バージョン管理、アクセス制御、自動アーカイブ機能といった特長を備えています。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/amazon/columns/ozawa/ozawa03.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]