分散ファイルシステムCephFSのアーキテクチャー

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「分散ファイルシステムCephFSのアーキテクチャー 」を公開しました。
はじめに
 今回は、「OpenStack Summit Tokyo/2015」に関連して、分散ファイルシステムCephFSを紹介します。分散ストレージソフトウェアCephは、OpenStackのブロックストレージ機能であるCinderのバックエンドとしての採用率が高いことで有名です。Cinderのバックエンドとして使用する場合は、RBD(RADOS Block Device)の機能を用いて、Cephのストレージプール上に仮想的なブロックデバイスを構成します。(RBDの仕組みについては、本連載の第45回を参照。)さらに、Cephは、分散ファイルシステム「CephFS」の機能も提供しており、ストレージプール上の仮想的なファイルシステムを複数のサーバーから同時にマウントしてアクセスすることが可能になります。

 今回のOpenStack Summitでは、Cephのオリジナル開発者であるSage Weilが、CephFSとOpenStackを組み合わせた活用についてのセッションを行っており、「OpenStack Manila」とのインテグレーションやコンテナと組み合わせた利用方法を説明していました(*1)。そこで、今回のコラムでは、CephFSの基本的な仕組みを解説しておきたいと思います。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai/nakai77.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]