DXアイデアを1週間で形にする「ELYZA App Platform」「言語AI×DX推進支援プログラム」開始

ELYZA、世界的な大規模言語モデルと独自に開発した日本語特化の言語AI「ELYZA Brain」を活用

東京大学のAI(人工知能)研究者、松尾豊教授の研究室発のAI開発スタートアップ、ELYZA(イライザ)は、企業向けにDX(デジタル変革)のアイデアを最短1週間で形にする新サービス「ELYZA App Platform」と「言語AI×DX推進支援プログラム」を始めた、と3月16日発表した。世界的な大規模言語モデルと国産言語AIを活用し、企業の言語AI利用を支援する。

DXアイデアを最短1週間でカタチにする新サービスを公開

これまで一部の大企業に限定的に提供してきたが、公開サービスとして同日に受付を始めた。ELYZA App Platformは言語AI活用プラットフォームで、さまざまな言語AIが利用可能。ケースやコストに応じ、米国オープンAIの対話型AI「ChatGPT」を含む「GPT」系統と、ELYZAが独自に開発した日本語特化の言語AI「ELYZA Brain」を使い分け・組み合わせる。

新サービスの概要
新サービスの概要

言語AI×DX推進支援プログラムは、意識づくりや、アイデアを発想して出し合って精査するアイディエーションから、UX(ユーザー体験)の構築まで一括して手掛ける。技術に加え、先端AIの社内認知のための経営者・管理者向け講演や、DXアイデアを創り出すためのワークショップを提供。言語AIとDXのそれぞれの専門家がDX推進支援プログラムを支える。

意識づくりやアイディエーションから、UX構築まで一気通貫した伴走
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]