セールスフォース・ジャパンと日本IBMが「地域Salesforce人財育成プログラム」提供へ

CRMプラットフォーム「Salesforce」を活用したDX人財を育成して地域ビジネスを活性化

CRM(顧客管理)ソリューション事業の米国Salesforceの日本法人、セールスフォース・ジャパンと日本IBMは、「地域Salesforce人財育成プログラム」を2023年4月に始める、と12月22日発表した。CRMプラットフォーム「Salesforce」を活用したDX(デジタル変革)人財を育成して地域ビジネスを活性化させることが狙い。まず北九州市で行う。

プログラムは、新たなスキルの習得やスキルの一層の向上によって地域活性化に貢献したい人が対象。Iターン、Uターン希望者も含む。参加者のレベルやスキルに応じたコースを設け、オンラインとオフラインで提供する。Salesforceのオンライン学習プラットフォーム「Trailhead」、動画教材や両社のトレーニングプログラムを活用する。

さらに、Salesforceのシステム管理者の基本資格「Salesforce認定アドミニストレーター」の取得に向け、Salesforceのスキルを実践するデモコンテストなどの場の提供も予定。日本IBMが地域の顧客や協力会社とDX人財の創出や地域経済の発展を目指す拠点「IBM地域DXセンター」とも共創することで、地域で活躍できる人財育成を進める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]