ライオンが国内で放映する同社のテレビCMの全てを1月から日本語字幕付きに移行

聴覚に障害があっても理解、表示のオン・オフ可能なクローズドキャプション方式

生活用品大手のライオンは、国内で放映する同社のテレビCMの全てに1月から日本語字幕を付ける、と12月21日発表した。音声情報を文字にして表示することで、聴覚に障害のある人が内容を理解しやすくする。字幕はテレビ視聴の補助手段になり、大きな音を出せない場所でのテレビ視聴にも役立つ。

ライオンのCMの日本語字幕は、テレビのリモコンやボタン操作で視聴者による表示のオン・オフが可能なクローズドキャプション方式。非表示にすることもできる。ライオンは2010年11月に日本で初めて全国ネットの番組で字幕付きCMのトライアル放映を開始。2013年から複数の番組で放映してきた。

今回、全てのテレビCMで字幕付きに移行する。ライオンは、生活者への情報発信の方法を進化させ、人々の心と身体の健康の実現につなげる、としている。「YouTube」の同社の公式チャンネル「ライオン公式チャンネル」に字幕CMのカテゴリーを設け、現在放映している字幕付きのCMを公開している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]