「LINE NEWS」が視認性の高いタイムライン型ニュースへUIデザインを大幅リニューアル

まずユーザー約20%の約1500万人に、新UIで没入感を高めてより個人の興味に最適化

LINEは、ニュースサービス「LINE NEWS」のUI(ユーザーインターフェース)デザインをタイムライン型に大幅リニューアルする、と12月14日に発表した。LINE NEWSユーザーの約20%にあたる約1500万人に向けて12月14日から提供を始め、来春以降の全面移行を目指す。LINE NEWSの個人化を強化していく戦略の第一歩となる。

LINE NEWS上で情報の選択肢拡大と個人化の精度向上にあわせて、より没入感を高めるため、従来のカルーセル(横スクロール)型からタイムライン型にリニューアルする。既存のUIで提供していた「一覧から選んで情報を消費する」体験から、「タイムライン上でコンテンツをより深く消費する」という体験にシフトする。

2022年12月現在のイメージ図

「より個人にマッチした情報を、その場で深く取得できる情報プラットフォーム」を目指して、よりニッチな情報やニュース以外のコンテンツとも連携。「友だち」の興味・関心のあるニュースに触れたり、音楽や漫画を体験して予約や購入につなげたりして「読むだけの消費」から「予約・購入・会話などのアクションをともなう体験」へ進化させる。

LINE NEWSは、2013年7月に「LINE」初のメディアサービスとして提供開始。LINEアプリ内の「ニュースタブ」や、公式アカウントを通じたダイジェスト形式のニュース配信、ニュース配信機能を外部メディアに開放した「LINEアカウントメディア プラットフォーム」など展開する。月間利用者数は7700万人、月間PV数は154億(21年8月時点)。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]