Twitterが閉じたグループだけにツイートする機能「Twitterサークル」の提供開始

ツイートを見られる相手や会話に参加する人の設定が柔軟に可能、仲間同士で会話

Twitterは、閉じたグループだけにツイートする機能「Twitterサークル」の提供を8月30日に世界中で始めた、と同日発表した。「iOS」「Android」「twitter.com」で利用できる。ツイートを見られる相手や会話に参加する人の設定が柔軟に可能で、フォロワーを選んで気心の知れた仲間同士で会話が楽しめる。

Twitterのメニューに追加された「Twitterサークル」

Twitterサークルのテストを5月から実施したところ、予想以上に好評だった。ツイートを投稿する際にサークル内のみの共有か、フォロワー全体にするか選べる。1つのサークルはメンバーを150人まで追加でき、サークルに入れる人の変更はいつでも可能。リストを変更しても、他のメンバーには通知されない。

公開アカウントでもサークル内でのやり取りは非公開で、サークル内だけの公開となる。サークルのメンバーだけに共有したツイートには、下に緑色のバッジが表示される。バッジ付きのツイートは、リツイートや共有ができない。Twitterは、サークルによってより気楽に利用できるようになる、としている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]