ユミルリンクがWebアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey」にGA4連携を追加

Cuenote Surveyで作成したページやフォームをGA4で計測、クロスドメイン集計も可能に

メッセージングソリューション事業のユミルリンクは、同社が展開するメッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」シリーズで、Webアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey(サーベイ)」にGoogleのアクセス解析サービスの新規格「Googleアナリティクス4(GA4)」連携機能を追加した最新版の提供を7月20日から始めた、と同日発表した。GA4でのデータ取得とクロスドメイン集計に対応した。

Cuenote Surveyは、Webアンケート・フォームやランディングページ(LP)の作成が簡単にできるクラウドサービス。管理画面上で「G-」から始まるGA4の測定IDを入力するだけで、Cuenote Survey上で作成したページやフォームへのアクセスをGoogleアナリティクスで取得・解析できる。問合せフォームとしてCuenote Surveyを利用し、自社サイトのドメインと異なっていても同一のサイトとして計測するクロスドメインができる。

GA4による計測、クロスドメインに対応

Googleアナリティクスは、現行プロパティ(属性)のユニバーサルアナリティクス(UA)の計測が2023年7月1日に停止され、GA4による計測に移行する。UAとGA4ではページビューの概念が変わって計測基準も異なり、データ移行もできないので早期移行が推奨されている。指標で使う「前年との比較」には早期にGA4を導入してデータ取得と蓄積を始める必要があるため、Cuenote Surveyで作成したページもGA4による計測に対応した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]